敬老の日

TOPギフトシーン敬老の日

敬老の日は日本にしかない
素晴らしい文化

大好きなおじいちゃん、おばあちゃんへ
美味しいゆめぴりかのお米を贈りませんか?

嬉しい無料サービスをご利用いただけます

  • 高級感でおもてなし 風呂敷
  • 大切にしたいマナー 熨斗
  • 感謝の気持ちを添えて メッセージカード
  • お写真・手紙をご一緒に 同梱サービス

敬老の日にお米が
選ばれる理由

身体に良い食品
3大主食である「米、パン、麺類」の食事歴と睡眠の質は「ご飯」を食べるほど、良好な睡眠を得られることが示されています。
しっかり食べてゆっくり休んで、長生きしてもらいましょう。
末広がりの縁起の良さ
米という字は八十八。「8」という字は「末広がり」を表し、「先が広がる=未来が開ける」という意味があります。
まだまだ先があるよ。というメッセージになります。

敬老の日人気ギフト
【ベスト3】

No.1

ピリカの初恋「幸」ゆめぴりかで作った日本酒1本

オリジナル商品 希少酒
日本初!ゆめぴりかで造った米焼酎 720ml × 1本

詳細を見る

No.2

蘭越産米ゆめぴりかギフト北海道蘭越産ゆめぴりかギフト「大地」 5kg

高級感のある紫色の風呂敷にお包みしてお届けいたします。

詳細を見る

No.3

「ピリカの初恋」日本酒と焼酎のお得なセット北海道蘭越産ゆめぴりかギフト「北斗星」蘭越米2kg + 日本酒1本

1,200kmの距離をも縮める。あなたとあの人の距離も縮めたい。そんなあなたの想いをお届けします。

詳細を見る

敬老の日ギフトをご利用になった
お客さまからの声

感謝してます。
ギフトを義父に贈らせていただきました。
メッセージカードを作っていただき同封してもらったんですが、読んでいる義父の目に少しウルウルきていたようなのでとても良かったです。
このような機会がないと中々気持ちを伝えられませんので本当にありがとうございました。

(奈良県 蔵田尚樹様・知恵子様)

お客さまからの声をもっと見る

嬉しい無料サービスを
ご利用いただけます

大好きなおじいちゃん、おばあちゃんへ
美味しいゆめぴりかのお米を贈りませんか?

敬老の日の熨斗について

<贈り主>:「名前」または「夫婦連名」または「孫一同」
<表書き>:「敬寿」または「祝敬老の日」または「御祝」
<水引>:紅白蝶結び

敬老の日のはじまり

1947年に兵庫県多可郡野間谷村の村長と助役が「お年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と
9月15日を「としよりの日」と 定め敬老会を開いたのが始まりと言われています。
「としよりの日」は「老人の日」という名称を経て、現在の「敬老の日」に改められた。
「大切に」だけではなく「知恵」を借りるというところが本当の意味で
「敬う」を感じさせるエピソードですね。

敬老の日にお米を贈ろう!長寿を敬うギフトにぴったり!

敬老の日商品一覧はこちら