なんちゃんブログ

TOPなんちゃんブログゆめぴりかのこと『ゆめぴりか』の名前の由来に込められた想い

『ゆめぴりか』の名前の由来に込められた想い

2015.07.01

ゆめぴりか専門店「北のピリカ」店長の工藤奈々です♪
いつもブログを見て頂き感謝してます(^^)
 
近年スーパーや米穀店では次々と新しい品種のお米を目にします。
最近は、北海道米だけでも数種類【きたくりん】【あやひめ】など…お米の名前も個性的になってきていますよね。
 
では我らが【ゆめぴりか】の名前はどうやって付けられたのか??
今回はその意味と由来をお伝えします!
 
北海道要諦
 
 

『ゆめ』+『ぴりか』で『ゆめぴりか』

【ゆめぴりか】という可愛らしい名前は、2008年に北海道内の一般公募の3,422通の中から選ばれ命名されました。3,442通という数字にも道民の関心の高さが伺えますね!

『ゆめぴりか』は「夢」+「ピリカ」という造語なんですよ♪

『夢』は「日本一美味しいお米を」という、昔からの北海道民の悲願の想い。
まさに、北海道の夢ですね。
 
北海道最高峰と言われ、今や全国的にも注目される「お米」になった「ゆめぴりか」。
当時命名した方々の想いは、みごと叶った!と言ってもいいんじゃないでしょうか!
素晴らしいですね。
 
では、夢+ぴりかの『ピリカ』はなんでしょうか?
 
 

『ぴりか』=『美しい』

『ピリカ』という言葉は知っていますか?なかなか聞いたことがある人は少ないかも知れません。

これは北海道の先住民族であるアイヌ民族が使っていた言葉、アイヌ語です。

「乾燥した広大な土地」=「サットポロ」=『札幌』などをはじめ、北海道の地名はほとんどと言っていいくらいアイヌ語を語源とした名前がつけられています。
 
『ピリカ』はアイヌ語で『美しい』という意味です。
 
『ゆめぴりか』の特徴の一つは「炊き上がりの美しさ」です。
やわらかくツヤのある、ゆめぴりかの美しさをはじめて目にしたかたはきいと驚かれたと思います。
その美しさを、北海道に長く住みこの地を育ててきてくれたアイヌの方々へのリスペクトを込めて『ピリカ』という言葉を使っています。
 
 

認定マークに込められた、作り手の想い

前回の記事、ゆめぴりかに付いてる認定マークってなんだろう?でも登場した
『北海道米の新たなブランド形成協議会認定のマーク』ですが、この中に【女性の横顔】が潜んでいいるのがおわかりでしょうか?
 
image
 
このマークには「米」や「北海道」の形のイメージとともに「ゆめぴりか」が持つ美しい輝き、つまり「美しい」女性の横顔のイメージを重ねています。
 
ピリカ=美しさ、の表現がこんなところにも表されているんです。
おもしろいですね!
 
 

北海道民みんなの想い

『ゆめぴりか』の名前の意味と由来、そこに込められた想い。いかがでしたか?

「他のお米と比べるのではなく、これまでのお米の常識を塗り替えたい!」
ゆめぴりかはそんな願いがこもった新しいお米なんです。
 
まさに、日本を代表するお米にするぞ!という北海道民みんなの想いが伝わりますね(*^^*)