なんちゃんブログ

TOPなんちゃんブログ未分類第6回 米-1グランプリinらんこし

第6回 米-1グランプリinらんこし

2016.11.21

高級蘭越産ゆめぴりか専門店「北のピリカ」店長 工藤奈々です。

 

いつもブログをご覧いただき心より感謝しています。
11月も後半となり、2016年も残りわずかとなりましたね。

北海道は、雪が降ったり暖かくなったりと気温の変化も激しいですが

今日も元気にハリキッていきます(^o^)/
さて、11月19日(土)は、“日本一おいしいお米”を決める大会

『第6回米-1グランプリinらんこし』が開催されました!

もちろん今年も行って来ました(≧∀≦)


昨年より大勢の人たちが集まり大賑わいでした!

会場に入ると、冬なのに常夏のような熱気でムンムン(`・∀・´)
今年も、色々とイベントがあり

お米重量当てや、◯✖️クイズ、お餅つき…

とっても楽しいです!
そして、その傍らでは全国から333品の中から決勝まで勝ち進んだ36品の

審査が行われ午前9時過ぎから審査員の方々がひとつひとつ食べ比べをして厳正なる審査をしています。

 

 

 

審査方法は、出品数333品の中から全国の味のプロに食べて比べをしてもらい審査し

上位36位までが今回の決勝大会に進めるのです。

 

 
決勝大会の予選ブロックから見て、そして一緒にお米を食べ比べたせいか準決勝、

決勝と勝ち進んだ生産者さんの熱い想いを聞くと、ジ〜ンときて泣きそうになりました…。
そして、決勝進出したのは

 

 

北海道蘭越町 ななつぼし

北海道和寒町 ゆめぴりか

北海道蘭越町 ゆめぴりか

北海道三笠市 おぼろづき

北海道蘭越町 ゆめぴりか

岐阜県中津川市 いのちの壱

 

上位6品中5品が北海道米で、そのなかで頑張っていたのが

岐阜県中津川市から遥々いらっしゃった『いのちの壱』。
審査中はドキドキが止まらず、自分のことのように結果を待ちました。
そして今回のグランプリは…

岐阜県中津川市の『いのちの壱』でした!

私も実際食べ比べをしましたが、全て美味しくて最後の最後まで迷った2品があり

その2品のうちの1品がこの『いのちの壱』で私がコレだっ!と思って決めたのが

準グランプリに輝いた『蘭越町ゆめぴりか』でした!

 

ここで自分の舌は確かだなと確信しました(*´-`)笑

 

 

得点 22点の『いのちの壱』と得点21点『蘭越ゆめぴりか』はわずか1点差!!惜しい!

今回は、蘭越産のお米がグランプリを獲れなくて残念でしたが、

本当に会場全体がひとつになり生産者さんともお話しできたり、

とても温かい雰囲気で「また来年も来たい!」そう思える大会でした。

 

来年は是非!みなさんも蘭越町に足を運んでみてください(*^_^*)

関連記事