なんちゃんブログ

TOPなんちゃんブログお米ギフトのこと出産内祝いにお米がぴったりな理由

出産内祝いにお米がぴったりな理由

2015.07.22

ゆめぴりか専門店「北のピリカ」店長の工藤奈々です♪
いつもブログをご覧いただき感謝しています(^ ^)
 
赤ちゃんの誕生は、お父さん・お母さんそして周囲の人々みんなをHappyにしてくれるとっても素敵な出来事ですよね(*´∀`*)
そんな素敵な出来事には欠かせないのが、出産祝いをもらったあとの「出産内祝い」。
でも実際に(内祝いって何を贈ったら喜ばれるんだろ~う?!)と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
じつは、出産内祝でダントツにぴったりなギフトが“お米”なんです!!
 
今回は、そもそも出産内祝いってなんだろう?という疑問と、お米が出産内祝いで喜ばれる理由についてお伝えします♪
 
出産内祝い熨斗2
 
 

出産内祝いの「内」(うち)は「家」(うち)?

内祝いの「内」とは「家」のこと。そうです、そもそも内祝いは「家のお祝い」ということだったんですね(*´∀`)b
出産内祝いは本来「赤ちゃんが生まれた感謝とともに慶びのお裾分けのため、親戚・友人・近所の人へ品物を贈る」という意味でした。

現在は「出産祝いをもらった人にお返しとして贈る」内祝い=出産のお返しという認識に変わってきています。
 
どちらにしても、我が家に生まれた新しい命の誕生を喜んでお祝いしてくれる方には感謝しかありません。
そんな大切な方には(何を送ったら喜ばれるだろ~う?!せっかくなら贈った相手の方の喜ぶ顔が見たい♡)なんて考えていると楽しくてワクワクしちゃいます♪
 
内祝いギフトのなかでたくさんの人に喜ばれてるものが、何を隠そう「お米」です。
 
 

出産内祝いでお米をギフトにすると良い理由って?

内祝いで喜ばれるものとして「残るもの」(雑貨etc)から「残らないもの」へと近年、変化してきました。残らないものとは、お菓子や食品など食べてしまえるものです。
その中でもダントツ人気なのが“お米”!!
 
人気理由の一つは、「お米はもらって困ることはない!」←ごもっとも!笑
もうひとつの理由は「米」という文字の縁起の良さにあります。
 
 

末広がりという、おめでたさ

有名な話しですが、米という字は分解すると八十八。「“米”をつくるには88の手間がかかる」という意味が込められています。
その「8」という字は「末広がり」を表し、末広がりは「先が広がる=未来が開ける」や「子孫繁栄」という意味があります。
このように、米という字には縁起が良い要素がたっぷり込められているんですよ(・∀・)b
 
こんなうってつけのギフト、ほかにあるでしょうか?笑
 
お米は日本人なら誰もが食べるものですし形に残らないので、今も昔も持ってこいのギフトです。
普段自分では買わない高級な銘柄なら、なおさら喜ばれますよ(´∀`)
なんちゃん的には、やっぱりお米のギフトは「ゆめぴりか」をオススメします(*´∀`)b
 
 

出産内祝いは、生後一ヶ月以内に。

出産内祝いを送るタイミングは、生まれて1ヶ月頃までにお祝いをもらった方に限り、生後1ヶ月頃までにまとめてお返しを贈れば問題ありません♪
それ以降にいただいた方には、その都度お返しするのが良いでしょう(^-^)
贈る方に合わせたものを選びましょう!
 
お返しに使う金額は、いただいた金額または品物の半額【半返し】とされていますが、近頃では半分~3分の1程度の品でお返しが主流となっているようです。
 
一万円なら三千円以上。三万円なら一万円以上という感じですね。
 
お米は購入してから一番美味しく食べられるのが一ヶ月なので、1人暮らしの方なら2㎏~3㎏、2人~3人暮らしなら5㎏、4人以上の家族なら5㎏~10㎏など、贈る方の生活に合わせるのも心遣いです♪
また、美味しいお米の鮮度を保つための保存方法についても一言添えてお伝えすると親切でしょう♪
 
なんちゃんブログ過去記事お米の保存方法を知って、鮮度と美味しさを保とうヽ(*´)ノ」でご紹介しています♪
 
参考にしてくださいね♪
 
 

北のピリカでお米を贈ろう♪熨斗(のし)の選択。

出産内祝いに付ける「熨斗」(のし)には「水引」と呼ばれる紐があり、一般的には紅白の蝶々結び(花結び)のものを使用します。

蝶々結びは「何度、ほどいても結び直せるから何度も訪れてほしいお祝い」という意味があるんですって。
 
出産内祝い熨斗1
 
水引の上に【内祝】または【出産内祝】と書き、下は生まれた赤ちゃんの名前を書きます。地域によっても異なりますが、名前ではなく苗字のみの場合もあります。
北のピリカでは、どちらでもご要望があればお応えしています(^-^)ぜひお使いください!
 
出産内祝いでお悩みの方は、北のピリカの出産内祝いのお米ギフトで決まりっヽ(*´∀`)ノ
 
 

まとめ

・そもそも内祝いはお返しではなく、幸せのお裾わけでした。
・内祝いにはお米が人気な理由はもらって困らないことと、縁起が良いこと。
・内祝いを贈るタイミングは、生後一ヶ月以内、それ以降は都度でOK!
・お返しの相場はいただい金額の三分の一から半分程度。
・熨斗は蝶々結び(花結び)で!